> > プラを「持続可能な、価値ある素材」に 東京都廃棄物審議会が答申

プラを「持続可能な、価値ある素材」に 東京都廃棄物審議会が答申

東京都廃棄物審議会(安井至会長)10月8日、都庁(新宿区)で、プラスチックの持続可能な利用に向けた施策のあり方について、吉村憲彦環境局長に答申した。

安井会長から答申を受け取った吉村局長は、「プラスチックの使用量削減、海洋プラスチック汚染根絶と併せて、プラスチックリサイクル市場の逼迫にあたり新たな処理ルートの構築に取り組む必要がある」と課題について触れ、「データに基づいて冷静に考えつつ、気持ちは熱く取り組んでいかなければならない」と述べた。

答申では、「持続可能で誰ひとり取り残さないグローバルな正義を考え、真に豊かな社会を目指して、資源利用のあり方を変革していかなければならない」と指摘。

そのために「素材・リサイクル手法に関する新たな技術革新と、ワンウェイ・プラスチックに頼らない革新的ビジネスモデルの構築と普及が急務」として、プラスチックについても、省エネルギー・省資源に資する「持続可能な、価値ある素材」にしていく必要があるとまとめた。

廃プラ適正処理・有効利用確保へ業界団体と連携も

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.