> > 京大など、多孔性材料を開発 CO2を資源活用する技術への応用に期待

京大など、多孔性材料を開発 CO2を資源活用する技術への応用に期待

京都大学などの研究グループは10月9日、中国江蘇師範大学と共同で、選択的に二酸化炭素を取り込み、副産物なしに有用な有機分子に変換できる新しい多孔性材料の開発に成功したと発表した。

この成果は、地球温暖化の主因ともされるCO2を、日常生活に欠かせないプラスチックの一種であるポリウレタンの原料など、安価に有用な資源として活用する技術への応用が期待される。

新材料の概要は、以下の通り。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.