> > ネクストエナジー、米企業に追加出資 VPPプラットフォーム共同開発を推進

ネクストエナジー、米企業に追加出資 VPPプラットフォーム共同開発を推進

次世代プラットフォーム並びにVPPプラットフォームを活用した新しいサービスの提供イメージ

ネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は10月16日、米国IT企業のInfiswift Technologies(Infiswift)へ追加出資したと発表した。連携強化により、Infiswiftが保有するIoT+AIを活用し、蓄電池の効率的な制御を実現するVPPプラットフォーム開発を進めていく。

株式の保有割合は25%に

すでにネクストエナジー・アンド・リソースはInfiswiftの発行済み株式8.5%を保有する第5位の株主で、同社代表取締役社長がInfiswiftの取締役に就任している。追加出資は10月11日に実施し、同社の保有割合は25%になり、第2位の株主となった。

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.