> > 太陽光発電パネル強化ガラスのリサイクルを事業化へ 丸紅など4社が業務提携

太陽光発電パネル強化ガラスのリサイクルを事業化へ 丸紅など4社が業務提携

画像はイメージです(© catafratto / amanaimages PLUS)

鳥取再資源化研究所(鳥取県東伯郡)、丸紅(東京都中央区)、丸紅テツゲン(同・新宿区)、丸紅メタル(同・千代田区)は、10月25日、太陽光発電パネル強化ガラスのリサイクルを共同で事業化することを目指し、戦略的業務提携書に署名した。

023373-2

鳥取再資源化研究所と丸紅グループは、太陽光発電パネルの回収と強化ガラスの原料化を行い、鳥取再資源化研究所の特許技術を利用してガラス発泡材を製造する。

鳥取再資源化研究所のガラス発泡技術は、ガラスに含まれる重金属等の有害物質(アンチモン)の無害化・固定化を可能にする技術だ。製造されたガラス発泡材は、土壌の水分保持能力を高める土壌改良材としての利用や、水中で水質改善を促す微生物の棲家となる水質浄化材として利用される。

太陽光発電パネルの廃棄量、20年後には200倍に増加も

※ 全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.