太陽光発電パネル強化ガラスのリサイクルを事業化へ 丸紅など4社が業務提携

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです(© catafratto / amanaimages PLUS)
画像はイメージです(© catafratto / amanaimages PLUS)

鳥取再資源化研究所(鳥取県東伯郡)、丸紅(東京都中央区)、丸紅テツゲン(同・新宿区)、丸紅メタル(同・千代田区)は、10月25日、太陽光発電パネル強化ガラスのリサイクルを共同で事業化することを目指し、戦略的業務提携書に署名した。

023373-2

鳥取再資源化研究所と丸紅グループは、太陽光発電パネルの回収と強化ガラスの原料化を行い、鳥取再資源化研究所の特許技術を利用してガラス発泡材を製造する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報