> > 感電事故防止へ太陽電池発電設備の浸水対策を 経産省が注意喚起

感電事故防止へ太陽電池発電設備の浸水対策を 経産省が注意喚起

画像はイメージです(© technicsorn / amanaimages PLUS)

台風など豪雨の影響により、各地で河川氾濫等による浸水被害が発生していることを受け、経済産業省は10月31日、太陽電池発電設備の感電事故を防止するための注意喚起について、平時からの浸水対策と、浸水後の対応をまとめた文書をホームページに掲載し、設置者に注意を促した。

平時からの浸水対策

太陽電池発電設備は、太陽電池パネル、架台・支持物、集電箱、パワーコンディショナ、受変電設備(キュービクル等)で構成される。平時からの浸水対策は2ステップ。洪水時の浸水被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、対策を立てることが重要となる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.