> > ANA、使い捨てプラ製品7割を環境配慮型素材へ 木・紙・バイオプラ導入

ANA、使い捨てプラ製品7割を環境配慮型素材へ 木・紙・バイオプラ導入

画像はイメージです(© paylessimages / amanaimages PLUS)

ANAグループは11月1日、2020年度末までに空港ラウンジ・機内の使い捨てプラスチック製品の総重量約70%を、バイオプラスチックなどの環境配慮型素材に変更すると発表した。

同社はこれまで、国際線で使用するプラスチック製のコップや機内食の食器カバーなどの素材を再生プラスチックに変更し、環境負荷の低減に努めてきた。その活動を加速させ、空港ラウンジや機内で使用している全ての使い捨てプラスチック製品について、総重量の約7割を紙やバイオプラスチック、木などに変更する。

2019年度中に準備できるマドラー、カトラリー、ストローについては、下記の通り2020年2月1日から順次、素材の変更を進めていく。

023429-2

また、プラスチック製品以外の紙製品などについても、代替素材の研究・検討を進め、早期の導入を目指すとともに、3R(発生抑制、再使用、再生使用)をさらに推進していく。

使い捨てプラ削減・環境配慮素材への変更を進める

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.