> > 凸版印刷、プラスチックフィルムのマテリアルリサイクル研究開発を開始

凸版印刷、プラスチックフィルムのマテリアルリサイクル研究開発を開始

画像はイメージです(© photoman / amanaimages PLUS)

凸版印刷(東京都千代田区)は11月7日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の2019年度「NEDO先導研究プログラム/エネルギー・環境新技術先導研究プログラム」の委託事業者として、凸版印刷が参画する「プラスチックの高度資源循環を実現するマテリアルリサイクルプロセスの研究開発プロジェクト」に採択され、実証を開始したと発表した。

この研究開発プロジェクトは、成形品・軟包装などで使用されたプラスチック製品を回収・選別し、包材にも再利用するというマテリアルリサイクルプロセスの構築を目指すもの。これが実現すれば、国内でPETボトル以外のPE(ポリエチレン)やPP(ポリプロピレン)の回収ルート構築が実現し、国内においても、モノマテリアル包材のリサイクルの実用化が期待されるようになる。

同社は、従来から取り組んでいるモノマテリアル高機能包材の開発・販売に加え、同プロジェクトでマテリアルリサイクルプロセスの構築に参画することにより、プラスチックの高度資源循環の社会実装に貢献したい考えだ。

023453-2

8つの研究機関・10社が連携

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.