> > BYDとトヨタ、中国でEV研究開発会社を設立へ 2020年内めど

BYDとトヨタ、中国でEV研究開発会社を設立へ 2020年内めど

画像はイメージです(© paylessimages / amanaimages PLUS)

比亜迪股份(中国/BYD)とトヨタ自動車(愛知県豊田市)は11月7日、電気自動車(EV)の研究開発会社設立に向けた合弁契約を締結した。新会社はBYDとトヨタがそれぞれ50%ずつ出資し、2020年中に中国国内での設立を目指す。

事業内容は、EVとそのプラットフォーム、関連部品の設計・開発などで、両社のこれら業務に関わる人員が新会社に移管される予定だ。

魅力あるEVの開発・普及で顧客ニーズに対応

BYDは、1995年に電池事業で創業し、現在は電動車だけでなく大型蓄電池を含めたトータルエネルギーソリューションを提供する。社名のBYDは「Build Your Dreams」の頭文字であり、電動車用主要部品(電池、モーター、パワーエレクトロニクスなど)はコア部品として自社開発している。2008年には世界で初めてプラグインハイブリッド車(PHV)の販売を開始し、2015年以降は、EVとPHVを合わせた販売実績は4年連続世界トップ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.