> > 日本郵便、電気自動車の新デザイン発表 20年度末までに1200台配備

日本郵便、電気自動車の新デザイン発表 20年度末までに1200台配備

日本郵便(東京都千代田区)は11月13日、郵便物や荷物の配送に使用する電気自動車(EV)の新デザインを発表した。2019年度中に400台、2020年度中に800台の計1,200台を、東京など大都市圏の郵便局を中心に配備する。これにより都内の軽四輪自動車の3割がEV車となる。

同社は2013年、EVを試行的に導入し、環境面の効果や業務上の実効性などさまざまな確度から検証を行ってきた。これら結果を踏まえ、2019年3月、東京都を中心とした近距離エリアにおいて、郵便物や荷物の配送時に使用する軽四輪自動車 1,200 台を、ガソリン車から電気自動車(三菱自動車工業の「ミニキャブ・ミーブ バン」)に切り替えることを発表していた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.