「気候変動の速度」は249m/年 高山生態系の逃げ場がなくなるかも?

  • 印刷
  • 共有
図 温暖化したとき、以前と同じ気温の場所を探す場合の例
気温1℃の低下は、標高では約150m上への移動、水平では約145kmへの北上に相当する。
図 温暖化したとき、以前と同じ気温の場所を探す場合の例 気温1℃の低下は、標高では約150m上への移動、水平では約145kmへの北上に相当する。

長野県環境保全研究所(長野県長野市)などの研究グループは11月27日、「気候変動の速度(VoCC)」という指標を使って、全国各地の気候変動の影響を初めて推計した結果、地球温暖化で高山生態系の行き場がなくなる恐れがあることがわかったと発表した。

この結果を踏まえ、温室効果ガスをできるだけ減らすと同時に、野生動植物の移動の補助や生息域外での保全策を検討を始める必要があると指摘している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報