> > 川崎汽船、シンガポール初LNG 燃料供給船の船舶管理契約

川崎汽船、シンガポール初LNG 燃料供給船の船舶管理契約

川崎汽船(東京都千代田区)とFueLNG社(シンガポール)は11月28日、FueLNG社が保有・運航する7,500m3型LNG燃料供給船の船舶管理契約を締結したと発表した。同船は2020年下期にFueLNG社に引き渡された後、世界最大の燃料供給拠点であるシンガポールで初のLNG燃料供給船としてサービスを開始する。

同社は、川崎汽船グループが36年以上に渡って蓄積したLNG輸送や船舶管理の知見と、FueLNG社の160回以上に及ぶTruck to Ship方式によるLNG燃料供給の知見を活かし、シンガポールにおける安全で安定的なLNG燃料供給サービスを提供していく。

今治造船で自動車専用船を建造、2020年秋に竣工へ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.