> > 290億円規模の太陽光ファンド組成、5件216MW パシフィコ・エナジー

290億円規模の太陽光ファンド組成、5件216MW パシフィコ・エナジー

鬼怒川森林太陽光発電事業所

パシフィコ・エナジー(東京都港区)は11月29日、290億円規模の太陽光発電事業向け第2号ファンド「ファンドII」を組成したと発表した。同ファンドは大型太陽光発電所5件、合計約216MWで構成される予定だ。1回目のクロージングとして栃木県内の発電所(35MW規模)1件を取得し、その他4件は2020年に順次取得する計画。

なお、同ファンドは野村證券とゴールドマン・サックス証券が私募の取扱い業務を行い、国内機関投資家による出資で組成された。法律顧問は、べーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)が務める。

また、パシフィコ・エナジーは、1GWを超える太陽光発電所の開発を通して得られた知見と経験を活かし、対象とする発電所全案件に対してアセットマネジメント業務を提供する。

ファンドIでは5件、100MWで155億円の出資

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 採用情報 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2019 日本ビジネス出版. All rights reserved.