水素ステーションの遠隔監視型セルフ運転を実現へ 経産省が特別措置を整備

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです(© skarintut / amanaimages PLUS)
画像はイメージです(© skarintut / amanaimages PLUS)

経済産業省は12月2日、国内で現状は認められていない、水素ステーションに従業員が常駐しない「遠隔監視型セルフ運転」を実現するための特別措置を講ずると発表した。

同省は事業者から、産業競争力強化法に基づく「新事業特例制度」を活用した、「遠隔監視型セルフ運転」に関する規制の特例措置の整備に関する要望を受け、11月29日付で特例措置を講ずる旨、回答した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報