> > 太陽光発電を設置できなかった屋根にも アルミ架台接着工法で可能に

太陽光発電を設置できなかった屋根にも アルミ架台接着工法で可能に

(明治機械Webサイトより引用)

明治機械(東京都千代田区)は12月3日、建物の条件により太陽光発電設備を設置するのが困難とされていた屋根などに架台を固定させることができる、同社独自のアルミ架台接着工法「エスノンホール」を2020年より発売すると発表した。

同社は今後、同工法を、学校や地方公共団体の施設や非常用・自家消費型太陽光発電システムの設置提案など、幅広いニーズでのソリューションとして提供していく。また、太陽電池メーカーや、大手EPC事業者を通じ販売を行い、初年度の販売目標額は10億円を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 76 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.