> > 東京ガス、新会社を設立 初期費用なしの太陽光エネルギーサービスなど提供

東京ガス、新会社を設立 初期費用なしの太陽光エネルギーサービスなど提供

クリックで拡大します
(東京ガスグループ経営ビジョン「Compass2030」より)

東京ガス(東京都港区)は12月3日、新規事業の創出を目的とした子会社として、東京ガスリブソリューションズを設立した。また、その傘下に、太陽光発電や住生活関連サービスを提供する新会社2社を設立した。太陽光事業では顧客の建物に初期費用なしで太陽光発電設備を設置するエネルギーサービスなどを展開する。2社の社長には若手社員を登用し、サービス開始は2020年春頃を予定している。

東京ガスは11月27日、2030年に向けた東京ガスグループ経営ビジョン「Compass2030」を発表した。この中で、顧客の暮らしや社会課題解決のためのさまざまなソリューションを、エネルギー単独ではなく、エネルギー・設備・制御技術・メンテナンスなどを組み合わせた包括的なサービス「EaaS(Energy as a Service)」として提供していくことを掲げている。今回の新会社設立は、この具体的な取り組みの第一歩と位置づけている。

別会社化で新事業創出をスピードアップ

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.