> > 「詰め替え」から「差し替え」へ 日本製紙が製品化、人手不足・環境対応に

「詰め替え」から「差し替え」へ 日本製紙が製品化、人手不足・環境対応に

(左から)ダケカンバボディソープ(日本製紙総合開発)、HAJIMARI EASY+(山陽物産)

日本製紙(東京都千代田区)は12月2日、同社が開発した差し替え型容器「SPOPS®」を製品化したと発表した。山陽物産(愛媛県伊予郡松前町)のホテル向け製品シリーズ「HAJIMARI EASY+」、日本製紙総合開発(東京都北区)の製品「ダケカンバボディソープ」に採用された。

「SPOPS®」は、液体ソープなどを詰め替えるのにかかっていた時間を約4分の1に短縮、さらにカートリッジの原料に紙を使用しているため、従来のパウチ容器と比較してプラスチック使用量を約25~40%削減できるという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 68 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.