小泉環境相、脱炭素化に向け新たな決意 COP25閣僚級会合

  • 印刷
  • 共有
外務省 気候変動課(@CCMofa_Japan)_Twitter
外務省 気候変動課(@CCMofa_Japan)_Twitter

小泉 進次郎環境大臣は12月11日、第25回気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)僚級会合の中で演説した。

批判を真摯に受け止め、日本は脱炭素化に向けて取り組んでいく

小泉環境相は、演説の中で日本国内の自治体の取り組みを紹介。「私が環境大臣に就任した数か月前、CO2排出実質ゼロを表明していたのはわずか4都市でしたが、現在は東京・京都・横浜を含む28都市へと急増しています。これらの都市の総人口は4500万人、GDPは2兆ドル(217兆円)にのぼり、これはカリフォルニア州を上回る規模となっています」とアピールした。また、「日本では、世界で最も多い212の企業・機関がTCFDに賛同の意を示しており、気候変動に関する財務情報開示を積極的に進めていくことは、経済の成長に寄与すると考える」とコメントした。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報