> > ゲヒルン・三菱自動車・スカパーJSATが災害対策車を共同製作

ゲヒルン・三菱自動車・スカパーJSATが災害対策車を共同製作

特務機関NERV<ネルフ>制式電源供給・衛星通信車両 5LA-GG3W(改)

ゲヒルン(東京都千代田区)、三菱自動車(東京都港区)、スカパーJSAT(東京都港区)は12月23日、災害による長期停電や通信網の途絶に備え、防災情報配信サービスの継続と近隣自治体への支援を目的とした災害対策車「特務機関NERV<ネルフ>制式 電源供給・衛星通信車両 5LA-GG3W(改)」を共同製作したと発表した。

同車両の特長は、災害時においても電力と通信を独自に確保し、またゲヒルン社が提供する特務機関NERVの防災情報配信サービスを継続できるよう、大容量のバッテリーと衛星通信設備を搭載している。また、防災情報配信サービスの継続に影響がない場合には、被災地へ出動して災害対策本部や避難所の支援を行うという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 48 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.