> > アズビル、オフィスビル向け温冷感空調システムを発売 快適性・生産性に貢献

アズビル、オフィスビル向け温冷感空調システムを発売 快適性・生産性に貢献

申告カードと従来空調と温冷感空調システムの比較(イメージ)

アズビル(千代田区丸の内)は、2019年12月25日から、オフィスビル向けに、執務者の「暑い」「寒い」などの体感情報を空調に反映し、生産性向上に貢献する新システム「温冷感空調システム」の販売を開始した。

この新システムは、執務者が感じる「暑い」「寒い」などの体感情報を「温冷感申告カード」によって設備に反映させ、最適な室内温度に制御することで、一人ひとりの満足度向上や省エネルギーを実現するという空調システム。

これまでのオフィス空間における室内温熱環境設定は、壁面の設定器までの移動の手間や操作が煩わしく、特定の執務者によって設定されがちで、調整頻度が少ないため、空調の無駄が発生するといった課題があった。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.