> > 低炭素石炭火力発電、商用設備でCO2 90%回収・送電端効率40%目指す

低炭素石炭火力発電、商用設備でCO2 90%回収・送電端効率40%目指す

中国電力の大崎発電所構内に建設された実証試験設備

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と大崎クールジェン(広島県豊田郡)は、2019年12月25日より、第2段階となるCO2分離・回収型酸素吹石炭ガス化複合発電(CO2分離・回収型酸素吹IGCC)の実証試験を開始した。

石炭ガス化燃料電池複合発電(Integrated Coal Gasification Fuel Cell Combined Cycle/IGFC)は、石炭をガス化して、燃料電池、ガスタービン、蒸気タービンの3種類の発電形態を組み合わせて複合発電を行う発電方式。両者は、(IGFC)とCO2分離・回収技術を組み合わせた低炭素石炭火力発電の実証事業に取り組んできた。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.