トヨタ、静岡に2000人が暮らすAI実証都市を建設

  • 印刷
  • 共有
東富士(静岡県裾野市)に設置される実証都市「コネクティッド・シティ(ウーブン・シティ)」(2021年初頭着工)
東富士(静岡県裾野市)に設置される実証都市「コネクティッド・シティ(ウーブン・シティ)」(2021年初頭着工)

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は1月6日、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている「CES 2020」において、あらゆるモノやサービスがつながる実証都市「コネクティッド・シティ」のプロジェクト概要を発表した。

この取り組みは、2020年末閉鎖予定のトヨタ自動車東日本 東富士工場(静岡県裾野市)における跡地再利用プロジェクトで、人々が生活を送るリアルな環境のもと、自動運転、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術等を導入・検証できる実証都市が新たにつくられる。将来的な敷地面積は約70.8万m2、2021年初頭着工予定。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報