> > 東京駅エキナカで余った食品と従業員をマッチング 食ロス削減へ実証実験

東京駅エキナカで余った食品と従業員をマッチング 食ロス削減へ実証実験

レスキューデリの概要

フードロス削減に向けたサービスを手がけるコークッキング(東京都港区)は1月14日から、東京駅改札内の商業スペース「エキナカ」店舗の営業終了後に、店舗で余ってしまった食品と、就業後の駅で働く従業員約8,400名をマッチングするサービスを開始する。

サービスの名称は「レスキューデリ」。この取り組みは、まだ食べられる食品を駅で働く従業員の食事需要へと活用することにより、フードロスを削減する新しい「エキナカ食品エコシステム」の構築を目指す実証実験として実施する。実施期間は1月14日~2月14日。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.