> > 三菱商事、タイでリサイクルPET樹脂の製造事業に参画 現地企業へ追加出資

三菱商事、タイでリサイクルPET樹脂の製造事業に参画 現地企業へ追加出資

三菱商事(東京都千代田区)は1月8日、タイで飲料ボトル用PET樹脂の製造を展開するThai Shinkong Industry Corporation Ltd.(タイ新光)の第三者割当増資を引受け、出資比率を現行の3.85%から34%へ引き上げることについて合意したと発表した。

タイ新光は、台湾ポリエステル繊維・PET樹脂製造大手、新光合成繊維股份有限公司(新光)傘下の企業。循環型社会への移行の要請が世界的に高まる中、タイ新光では、モノマテリアル化(単一素材での使用促進)の進展に対応し、PET樹脂製造能力の拡張や、リサイクル率向上に向け導入が期待されるケミカルリサイクル技術によるリサイクルPET樹脂の製造を計画している。

三菱商事は今回の出資比率引上げに際して、同社の経営幹部をタイ新光へ派遣し、タイ新光の事業経営に貢献すると共に、新光の技術力・知見を活用し、海洋プラスチック問題への対処を加速させる考え。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.