> > 環境省、省CO2型リサイクル等設備の導入支援事業で六次募集を開始

環境省、省CO2型リサイクル等設備の導入支援事業で六次募集を開始

環境省は1月9日、「省CO2型リサイクル等高度化設備導入促進事業」の六次募集を開始したと発表した。

同省では使用済み製品のリサイクルプロセスにおける二酸化炭素排出抑制や、再生資源の回収効率を上げるための設備導入の支援を行っている。今回募集するのは、日本国内の事業所で省CO2型リサイクル等高度化設備を設置する「プラスチックリサイクル高度化設備緊急導入事業」。募集期間は1月31日まで。

同事業の執行団体に採択されている廃棄物・3R研究財団において、応募を受け付ける。

事業の概要と公募対象事業

事業では、省CO2型リサイクル等高度化設備を導入することにより、リサイクルプロセス全体のエネルギー起源CO2排出抑制と共に、資源循環の促進を目的としている。事業者が当該設備の導入をする際、費用の1/2を上限に補助を行う。

事業の実施によるエネルギー起源二酸化炭素の排出量が確実に削減されることが重要となるため、申請では算出過程も含む二酸化炭素の削減量の根拠を明示する必要がある。また、事業完了後は削減量の実績を報告する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.