> > JXTGや東京ガスなど5社、再エネの長期安定電源化に向け協会設立

JXTGや東京ガスなど5社、再エネの長期安定電源化に向け協会設立

画像はイメージです(© PantherMediaGmbH / amanaimages PLUS)

JXTGエネルギー(東京都千代田区)や東京ガス(東京都港区)など5社は1月15日、共同で、一般社団法人再生可能エネルギー長期安定電源推進協会を12月18日に発足したと発表した。

同協会は、エネルギー事業者と金融機関を中心とした団体。再生可能エネルギーを長期安定電源とすることを目的に、事業モデルの構築、コスト削減、再エネ電源の有効活用といったテーマについて意見集約を行う。その上で関係省庁と建設的な議論を行い、地域との連携も図りながら、再エネを長期、安定的に供給できる仕組み作りを行っていく。

同協会には、JXTGエネルギーと東京ガスのほか、リニューアブル・ジャパン(東京都港区)、東急不動産(東京都渋谷区)、オリックス(東京都港区)が参加する。

長期安定的な事業と事業者の責任向上が課題に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.