> > 風車・太陽光パネルに規制 秋田県にかほ市、県内初の景観計画を策定

風車・太陽光パネルに規制 秋田県にかほ市、県内初の景観計画を策定

天然記念物「象潟」九十九島の景観(秋田県にかほ市)

秋田県にかほ市は、良好な景観の保全・形成を図ることを目的に景観法に基づく「にかほ市景観計画」を策定した。風車や太陽光パネルが規制された景観計画は、県内の自治体では初めて。

同市は、鳥海山や日本海、天然記念物「象潟」九十九島などの市の景観資源を後世に継承するため、今回の規制に踏み切った。同市ではこれまで県の条例に準ずるかたちで規制をしてきたが、風車や太陽光パネルなどへの直接的な規制はできずにいた。今回、策定された計画では、「市全域」が景観計画区域に設定され、各地域特性に応じたルールが設けられることになる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.