> > トヨタ、空飛ぶタクシー事業に参入 Uberパートナー企業と協業

トヨタ、空飛ぶタクシー事業に参入 Uberパートナー企業と協業

Joby Aviation社の 電動垂直離着陸機(eVTOL)

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は1月16日、空のモビリティ事業参入に向け、電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発・実用化を進める米国Joby Aviation(Joby/カリフォルニア州サンタクルーズ)との協業を発表した。Joby社が合計5.9億ドルを調達したシリーズCの出資ラウンドのリードインベスターとしてトヨタが3.94億ドル(約433億円)を出資、またトヨタ副社長の友山 茂樹氏がJoby取締役に就任する。

電動垂直離着陸機(eVTOL)手がけるJoby社とは?

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.