> > ホンダといすゞ、燃料電池トラックを共同開発

ホンダといすゞ、燃料電池トラックを共同開発

画像はイメージです(© cheskyw / amanaimages PLUS)

いすゞ自動車株式会社(東京都品川区)と、本田技研工業(同・港区)の研究開発子会社である本田技術研究所(Honda/埼玉県和光市)は1月15日、燃料電池(FC)をパワートレインに採用した大型トラックの共同研究契約を締結した。

両社は、いすゞの大型トラック開発技術とHondaのFC開発技術という両社の強みを活かし、FCパワートレインシステムや車両制御などの基礎技術基盤の構築を目指す。また両社は、この共同研究を通じて、クリーンで低騒音、低振動な大型トラックを実現するとともに、FCトラックや水素エネルギー活用が物流業界をはじめとする社会全体の産業の発展と水素社会の早期実現に貢献できるよう、業界で広く検討を進めていく考えだ。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 42 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.