> > 日立WIPO GREENに参画、環境関連技術をマッチングする国連専門機関

日立WIPO GREENに参画、環境関連技術をマッチングする国連専門機関

「IP for society」の概要

日立製作所(東京都千代田区)は1月16日、国連の専門機関である世界知的所有権機関(WIPO)が運営する、環境関連技術を有する組織とそれを必要とする組織をマッチングする、SDGs達成に向けたマーケットプレイス「WIPO GREEN」にパートナー企業として参画したと発表した。

WIPO GREENは、先進的な環境関連技術に係るマーケットプレイス。国際的企業、中小企業、投資家、コンサルティング企業、インキュベーター組織、大学、政府系研究機関、NGO、関係する協会等が参画している。環境に関わる先進的で持続可能な発展を実現する技術を有する組織がWIPO GREENに特許を登録して公開することで、その技術を必要とする組織とのマッチングが可能になる。

「運営開始6年で、600件以上マッチング成立」WIPO GREENとは?

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.