> > 「カーボンプライシング」を基礎から学ぶウェブセミナー、3月に開催

「カーボンプライシング」を基礎から学ぶウェブセミナー、3月に開催

(© bakhtiarzein / amanaimages PLUS)

日本ビジネス出版(東京都港区)は3月4日、「カーボンプライシング基礎講座 ~事業機会とリスク~」セミナーを、東京で開催する。

このセミナーでは、「カーボンプライシング(炭素価格付け)」とは何か、炭素税の価格、国内の状況と海外の状況、社内に導入した際の事業におけるメリット・デメリット、インターナルカーボンプライシングの実務などについて解説する。

対象者は、企業の経営企画・事業戦略を立案する立場のビジネスパーソンや、新たなビジネス機会を模索している事業者、IRや財務など業務知識の向上として活用したいなどの担当者。

セミナーの内容は、下記の通り。

セミナー構成

第1部 カーボンプライシングの制度設計と事業戦略

  • 仕組み、種類、構造を理解する
  • 国内動向と今後の炭素税価格の動向予測
  • 海外の代表的な事例とリスクとチャンス
  • 企業における外部インパクトとは?
  • 導入した際の事業におけるメリット・デメリット

第2部 「インターナル・カーボンプライシング」の実務

  • 企業における導入事例とは?
  • CDP質問書で求められているものとは?
  • 金額などどのように設定するのか?

講師は、デロイト トーマツ コンサルティング(東京都千代田区)のAssociate Director | CG&E unit サステナビリティストラテジーの丹羽 弘善氏。

開催日時は、3月4日(水)13:30~16:30。会場は住友不動産新宿ガーデンタワー1階 会議室(東京都新宿区)。受講料は、環境ビジネスオンライン有料会員が20,900円(税込)、一般会員が27,500円(税込)。定員は30名。参加申し込みは、環境ビジネスオンラインのウェブサイト内で受け付けている。

事業戦略として企業の自主的な取組みも進む

(画像はイメージです)

日本ビジネス出版(東京都港区)は3月17日、環境ビジネスオンライン基礎セミナー「カーボンプライシング基礎講座(LIVE配信)」をオンラインで開催する。時間は15時~17時。価格は13,200円。定員は80名。

カーボンプライシングは、温室効果ガス、特に二酸化炭素(CO2)に価格をつけ、企業や消費者に対して排出量に応じ金額負担を求めることを通じて、CO2の排出削減を促す施策だ。「排出量取引」や「炭素税」などがあげられる。

このセミナーでは、「カーボンプライシング」の定義から、国内・海外の状況、TCFDとカーボンプライシングの関係など、カーボンプライシングの仕組みの基本や捉え方などを解説する。

対象者は、企業の経営企画・事業戦略を立案する立場の人や、新たなビジネス機会を模索している事業者、IRや財務など業務知識の向上のために活用したい担当者など。

講師は、デロイト トーマツ コンサルティング(東京都千代田区)のAssociate Director | CG&E unit サステナビリティストラテジーの丹羽 弘善氏。

セミナーの概要は下記の通り。

セミナープログラム

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り -55 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2021 日本ビジネス出版. All rights reserved.