> > マーチャント・バンカーズ、環境関連事業へ進出 アビスジャパンと提携

マーチャント・バンカーズ、環境関連事業へ進出 アビスジャパンと提携

画像はイメージです(© samaro / amanaimages PLUS)

マーチャント・バンカーズ(東京都千代田区)は1月20日、LED照明や節水装置の製造・販売・設置などを手掛けるアビスジャパン(東京都豊島区)と資本業務提携と行うことを発表した。両社は提携を通じ、環境関連事業に取組んでいくとしている。

「照明の 2020年問題」とされる水銀灯や蛍光灯の製造中止に伴い、多くの事業所のLED化が急務となっている。アビスジャパンは、LED設置工事において急成長を遂げており、地方病院・介護施設・工場におけるLED導入に多くの実績がある。また、節水工事など、さまざまな省エネのための施策におても事業を拡大しているという。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.