> > ニッセンケン、日本初のZDHC認定試験機関に 化学品の安全性を審査・分析

ニッセンケン、日本初のZDHC認定試験機関に 化学品の安全性を審査・分析

ニッセンケン品質評価センター(東京都台東区)は1月30日、有害化学物質の環境排出ゼロを目指す有志企業連合「ZDHC」の認定試験機関として、日本で初めて認定されたと発表した。今回の認定により、ZDHCの情報提供だけでなく、ZDHC-MRSL(製造時規制物質リスト)対象物質の分析試験、合否判定、証明書発行業務が対応可能となる。試験受付は2020年4月から開始予定。

ZDHC財団(Zero Discharge of Hazardous Chemicals)は、グリーンピースのデトックスキャンペーンである従業員の安全・製品安全・環境負荷ゼロに対応し、2011年にオランダで設立された有害化学物質の環境排出ゼロを目指す有志企業連合。

同社は2000年から、欧州以外で唯一、繊維の安全証明「エコテックス(R)」認証機関として、有害化学物質の分析検査・認証業務・情報提供を行ってきた。エコテックス(R)国際共同体がZDHCの加盟メンバーであること、また同社の実績が認められ、今回の認定に至った。今後、化学品メーカーの染料、薬剤、仕上加工剤などの安全性を、書面審査/分析試験(適合性判断)する活動などを行う。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.