> > 福井県のスキー場、暖冬で経営破綻「雪不足でオープンできない」

福井県のスキー場、暖冬で経営破綻「雪不足でオープンできない」

写真はイメージです(© billwarchol / amanaimages PLUS)

雁が原スキー場(福井県勝山市)を運営する勝山観光施設(同)は2月3日、福井地裁に自己破産を申請した。スキー人口の減少に加え、ここ数年は温暖化や気候変動の影響で営業日数が減少、2016年4月期の営業日は通常の半分程度である36日間に止まっていた。今年に入っても雪不足は続き1月もオープンできず、事業継続を断念した形だ。帝国データバンクなどによると、負債額は2億8000万円になるという。

同スキー場は、1961年に地元経済界の有志が中心となって設立された。標高が低く緩やかなコースが多いファミリースキー場で、同社によると年間入場者数は5~6万人、冬場のシーズン営業日数は60~80日。県内の小学校や中学校が多く利用する地元密着の経営を行っていたという。

集客が好調だった99年4月期には、年収入高約2億1100万円を計上。しかし、スキー人口の減少に伴い、来場客が徐々に減少したことで業績は低迷。さらに、36日間しか営業ができなかった2016年4月期は年収入高は約4400万円にまで落ち込み、その後も「平成30年豪雪」や雪不足など例年とは違う気候が続いたこともあり、集客の低迷が続いていたという。

日本海側の降雪量は、年平均の20%以下に

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.