> > 東京電力エリア、10kW以上の低圧太陽光 「電圧フリッカ対策に協力を」

東京電力エリア、10kW以上の低圧太陽光 「電圧フリッカ対策に協力を」

経済産業省は2月4日、東京電力パワーグリッド(東京電力PG/東京都千代田区)エリアの「電圧フリッカ」発生地域における10kW以上の低圧太陽光発電事業者に対し、電気の電圧と電力品質を維持するための協力を求められた際には、適切に対応するよう求める文書を公表した。

これは、今般、東京電力PGがウェブサイトで、電圧フリッカ抑制のための対策について、掲載・周知していることを受けたもの。電圧フリッカとは、電線路の電圧が繰り返し変化することで、家庭などの照明が明るくなったり暗くなったりを短い時間に繰り返す現象をいう。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.