> > 都内でCO2排出量が最多の港区、建築物の省エネ化で新築向け助成制度を創設

都内でCO2排出量が最多の港区、建築物の省エネ化で新築向け助成制度を創設

武井雅昭港区長 出典:港区ウェブサイト

東京都港区は、建築物の省エネルギー性能の底上げを支援するため、2020年度より助成制度を創設する。LEDや高効率空調などの高性能設備機器の導入等により、区が定める高い水準の省エネルギー性能に達した建築物を新築する建築主に1件最大500万円を助成する。2020年度予算案において8310万6千円を措置する。

1月31日に武井雅昭港区長が2020年度予算案の概要や主な事業について記者発表し、この助成制度の概要を紹介した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.