> > 「チャイナリスク」関連倒産、廃棄物輸入規制の影響も 東京商工リサーチ調査

「チャイナリスク」関連倒産、廃棄物輸入規制の影響も 東京商工リサーチ調査

画像はイメージです

東京商工リサーチ(東京都千代田区)は2月10日、2020年1月の「チャイナリスク」関連倒産が6件(前年同月比200%増)、負債総額が7億2,800万円だったと発表した。うち2件はペットボトルや古紙の回収などを手掛けていたリサイクル業者で、中国廃棄物輸入規制の影響によるもの。東京商工リサーチ社は「経営に影響を及ぼす『チャイナリスク』の内容が変化しつつある」としている。

「チャイナリスク」関連倒産はこれまで、現地の人件費高騰などによる「コスト高」や安価製品との競合による「価格競争」を要因とするものが多かったが、1月は中国の廃棄物輸入規制の影響による倒産が発生した。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.