> > 伊藤忠、英企業へ出資 アフリカ無電化地域に太陽光+蓄電池の小型発電を導入

伊藤忠、英企業へ出資 アフリカ無電化地域に太陽光+蓄電池の小型発電を導入

(左から)都梅博之氏 (伊藤忠商事 機械カンパニープレジデント)、Dominic Raab氏 (英国外相)、Nicholas Wrigley氏 (Winch Energy CEO)

伊藤忠商事(東京都港区)は2月10日、ITOCHU Europe PLC(英国・ロンドン)を通じて、アフリカの無電化地域へ小規模発電・配電システムの導入を進めるWinch Energy Limited(同/Winch Energy社)へ出資参画したと発表した。

同社は今回の出資参画により、アフリカやアジアなどの無電化地域を抱える国への電化対策の提案、周辺サービスの提案・提供を通じ、Winch Energy社の成長と、クリーンなエネルギー供給、気候変動対策に関する持続可能な開発目標(SDGs)に取り組んでいくとしている。

太陽光発電や蓄電池を組み合わせた独立型小規模発電・配電システム

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 60 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.