> > 凸版印刷、食品の「真空パック」台紙を紙素材に 鮮度保持と環境対応を両立

凸版印刷、食品の「真空パック」台紙を紙素材に 鮮度保持と環境対応を両立

凸版印刷(東京都千代田区)は2月12日、食品を完全に密封・真空パックできる「スキンパック」の台紙を、プラスチックから紙素材に置き換えた新しいパッケージシステム「グリーンフラット」の発売を発表した。2月からサンプルの提供を実施し、12月の本格販売を目指す。

「スキンパック」は、商品と台紙の間をすき間なく熱で圧着することにより完全に密封・真空パックできる包装形態。ドリップ(保存時に食品から染み出る液汁)を抑制し、食品の鮮度を保持することで、賞味期限が延長される。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.