> > 福岡県久留米市、既存庁舎改修でZEB化 蓄電池等の防災機能も

福岡県久留米市、既存庁舎改修でZEB化 蓄電池等の防災機能も

久留米市環境部庁舎

備前グリーンエネルギー(岡山県備前市)は2月14日、福岡県久留米市の「環境部庁舎ZEB化改修工事設計等業務」の公募型プロポーザルで同社が選定されたと発表した。既存建物の改修によるZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化とともに防災機能も追加するもので、同社によると日本初の取組み。

庁舎は公共の業務を行う建物である一方で、非常時には地域の防災拠点の一つとして稼働させるため、平時と非常時で異なる対応を検討する必要がある。同社が過去に関わった既存建物へのZEB Ready、Nearl ZEBの知見を用い、防災機能が加わったZEBを今回の改修で実現する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.