> > 日本板硝子 世界初、水素エネルギーを利用したガラス製造の実証実験へ

日本板硝子 世界初、水素エネルギーを利用したガラス製造の実証実験へ

画像はイメージです

日本板硝子(東京都港区)は2月27日、世界で初めて、水素エネルギーを利用したガラス製造の実証実験を行うことを発表した。英国北部にあるグリーンゲート工場で2020年11月に開始する。

実験では、ガラス溶解窯の主燃料である天然ガスと重油の代替エネルギーとして水素を利用し、転換可能な水素の比率を調査する。仮に天然ガスをすべて水素に転換できれば、CO2を80%削減することが可能となる。

また、この実験は、イングランド北西部の産業・一般家庭と交通機関から排出されるCO2削減に取り組む共同事業体「HyNet」のプロジェクトの一環として、英国政府が推進する工業燃料転換計画から520万ポンド(約7.5億円)の資金補助を受け実施する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 44 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.