> > 日本で「洋上風力」の本格的な導入を目指すタスクフォースが設立

日本で「洋上風力」の本格的な導入を目指すタスクフォースが設立

画像はイメージです

日本風力発電協会(JWPA)は世界風力会議(GWEC)と共同で、日本洋上風力タスクフォース(JOWTF: Japan OffshoreWind Task Force)を設立した。JOWTFは活動を通して、日本における洋上風力の本格的な導入の実現やサプライチェーンの構築、新しい洋上風力産業の創出・育成などを目指す。

JOWTFは2月27日に都内で初会合を開催した。構成メンバーは、2月27日時点で欧米系企業10社、日本企業14社(主催者のJWPAとGWEC、事務局の三菱総研と英BVG社は除く)。議長はJWPAの加藤仁代表理事とGWECアラスター・ダットン氏が共同で務める。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.