> > トヨタら、水素利用協議会設立 企業10社がタッグを組み水素利用拡大を模索

トヨタら、水素利用協議会設立 企業10社がタッグを組み水素利用拡大を模索

トヨタ自動車(愛知県豊田市)、住友商事(東京都千代田区)、出光興産(東京都千代田区)などの企業10社は3月6日、中部圏における水素の需要拡大と安定的な利用のためのサプライチェーンの構築を目指し、水素の大規模利用の可能性を検討する「中部圏水素利用協議会」を立ち上げた。

同協議会は、石油・ガス・電力などのエネルギー、石油化学、自動車、金融などの企業が参画し、産業界全体で横断的に検討を進める日本で初めての取り組み。今後は、当面の目標である「2030年に水素利用量年間30万トン」を実現するため、2020年代半ばからの社会実装開始を目指して取り組みを進めていく構えだ。

同協議会への参画企業は以下の通り。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 58 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.