> > トヨタ自動車、塗装工程のCO2排出を7%削減 静電気活用の新型機を開発

トヨタ自動車、塗装工程のCO2排出を7%削減 静電気活用の新型機を開発

塗装機の特徴(出所:トヨタ)

トヨタ自動車(愛知県豊田市)は3月12日、車体塗装工程で使用しているエアスプレー式の塗装機に代わり、空気を使わず静電気を活用した新型の塗装機「エアレス塗装機」を開発したと発表した。まず高岡工場(同)と堤工場(同)で導入を完了、今後は他工場にも順次展開するとともに、グループ会社をはじめグループ外へも技術提供を検討していく。

エアレス塗装機は、従来60~70%だった塗着効率(噴霧した塗料と実際に塗着する塗料の割合)を、世界最高の95%以上の吸着率となった(2020年3月、トヨタ調べ)。この塗装機の導入により、トヨタグループでは、塗装工程におけるCO2排出量が7%程度削減できる見込みとなる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.