> > 伊藤忠、豪Eguana社に出資 海外における蓄電システム展開を本格化

伊藤忠、豪Eguana社に出資 海外における蓄電システム展開を本格化

Eguana社の蓄電システムの設置状況(出所:伊藤忠商事)

伊藤忠商事(東京都港区)は3月16日、Eguana Technologies(カナダ/イグアナテクノロジー社)から新株予約権付き転換社債を引き受けたことを発表した。今後Eguana社の株価水準に応じて株式転換を行い、出資参画することを予定している。

トロント証券取引所に上場するEguana社は、独自開発の蓄電システムを北米・豪州・欧州市場を中心に販売している。伊藤忠商事とEguana社は、2015年より戦略的提携関係にあり共同マーケティングを行ってきたが、今後蓄電池市場の成長が見込まれる北米・豪州・欧州市場におけるビジネス展開を目的として、資本関係の構築を行うことに合意した。

今回のEguana社との関係強化を通じ、下記出資先とのビジネス協業を進める。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 55 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.