環境省グリーンファンド、熊本の木質ガス化熱電併給発電に2億円を出資

  • 印刷
  • 共有
スキーム概要(出所:グリーンファイナンス推進機構)
スキーム概要(出所:グリーンファイナンス推進機構)

グリーンファイナンス推進機構(東京都港区)は3月19日、地域の低炭素化プロジェクトに投資する「グリーンファンド」について、熊本県八代市で計画されている、間伐材等の木質チップを原料にガス化し発電する事業に2億円を出資したと発表した。

この「木質バイオマスガス化熱電併給発電事業」は発電出力1,750kW。電気工事業を営むイワハラ(宮崎県宮崎市)がメインスポンサーとなり、地元関係者とともに同事業を行う特別目的会社(SPC)の日奈久バイオマスを設立している。同機構は2億円を優先株式にて出資し、地域金融機関などから融資にて資金調達する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報