> > 19年の欧州・新車CO2排出量、3年連続上昇 排出量平均値最少はトヨタ

19年の欧州・新車CO2排出量、3年連続上昇 排出量平均値最少はトヨタ

自動車産業の世界的な調査会社であるJATO Dynamics(JATO/英国)は3月10日、欧州において2019年に販売された新車のCO2排出量の平均値が2014年以来の最高値となったとの最新レポートを公表した。

JATOのデータによると、2019年の欧州23カ国の販売台数を加味したCO2排出量の平均値は、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)モードで121.8g/kmで、3年連続して上昇。大部分の主要な自動車メーカーで、CO2排出量が増加した。バッテリーを動力源とするピュアな電気自動車(BEV)の販売割合は6%といまだ限定的で「排出ガス増加傾向を打ち消すには至っていない」とした。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 84 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.