> > 産総研ら、福島県で水素サプライチェーンを実証 再エネで製造から利用まで

産総研ら、福島県で水素サプライチェーンを実証 再エネで製造から利用まで

福島県水素サプライチェーンのイメージ(出所:産総研)

産業技術総合研究所(産総研/東京都千代田区)は3月18日、日立製作所(同)などと、福島県にて、再生可能エネルギー電力で水素を製造し、化学変換・貯蔵・輸送を経て、水素混焼発電機システムで発電するサプライチェーンの技術を実証した結果を報告した。

このサプライチェーンでは、再生可能エネルギーで製造した水素を用いて、有機化合物のトルエンを水素キャリアであるメチルシクロヘキサン(MCH)に化学変換するが、今回、シンプルな構成の水素キャリア製造システムを開発した。

また、水素混燃発電機システムについては、発電出力300~500kW、水素混燃率40~60%で、合計1,000時間以上の稼働を達成した。福島県内産バイオマス燃料も利用でき、100%地産地消となる脱炭素型発電機システムとして期待されるという。

今後は、今回の実証を通じて得た成果を生かし、再生可能エネルギーをMCH水素キャリアを活用して平準化して需要家に電気と熱を安定的に供給することや、石油コンビナート・鉄鋼・化学プラントから生成される副生水素を燃料として地産地消する事業モデルの普及・拡大を図っていく。

同実証は、産総研、日立製作所、デンヨー興産(東京都中央区)が、福島県の「福島県における再生可能エネルギーの導入促進のための支援事業(再生可能エネルギー関連技術実証研究支援事業)」(2017年度~2019年度)に関連して実施した。概要は以下の通り。

シンプルな構成で設備コストを半減

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 67 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.