> > 千葉商科大、高等教育機関の「気候非常事態宣言」に署名 日本の大学で初

千葉商科大、高等教育機関の「気候非常事態宣言」に署名 日本の大学で初

千葉商科大学 本館(出所:千葉商科大学ウェブサイト)

千葉商科大学(千葉県市川市)は3月23日、環境問題に取り組む高等教育機関の国際的な3機関が発出した気候非常事態宣言の文書に、日本の大学として初めて署名したと発表した。また、署名にあたり、同大はカーボンニュートラルへの目標を2025年とすることを明らかにした。

この気候非常事態宣言(Higher and Further Education Institutions across the globe declare Climate Emergency)では、学生とともに危機に対処するため、下記の3つの計画に着手することとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.