> > 東芝エネ、クラレから自家発電所でシステム受注 異常予兆検知などが可能

東芝エネ、クラレから自家発電所でシステム受注 異常予兆検知などが可能

運用最適化システムのスキーム図(出所:東芝エネルギーシステムズ PR)

東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)は3月25日、クラレ(東京都千代田区)から、IoTを活用した同社の自家発電所を最適に運用するためのシステムを受注したと発表した。同システムは試運転を経て、2020年12月の運用開始を目指す。

今回、受注したシステムは、気象変動や、事業所内の電気・蒸気の需要予測から、ボイラやタービンなど各機器の運転制約を満足したうえで、発電所全体として最適な運用計画を立案・提示することが可能となる。

発電設備メーカーの強みを活かした異常検知機能、ビッグデータ活用機能が評価

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.