> > 環境省、プラ代替素材への転換・廃プラリサイクル構築を支援 3次募集開始

環境省、プラ代替素材への転換・廃プラリサイクル構築を支援 3次募集開始

画像はイメージです

日本有機資源協会(JORA/東京都中央区)は9月3日、化石由来プラスチックを代替する省CO2型バイオプラスチック等への転換や社会実装、また、プラスチック等のリサイクルプロセス構築・省CO2化に向けた技術・プロセス等の実証事業を支援する、環境省補助事業の第3次募集を開始した。

事業名は、環境省の「令和2年度脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業」。JORAが執行団体を務める。募集期間は10月2日まで。

補助対象事業は、日本国内の事業所において実証を行う以下のいずれかの事業。また、技術的課題の解決に向けた実証的な取組であること。

代替素材への転換とリサイクルプロセス構築を支援

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 74 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2020 日本ビジネス出版. All rights reserved.